脳梗塞による高次脳機能障害で障害厚生年金3級が決定し、年間約60万円を受給できたケース

相談者:男性(50代)/自営業
傷病名:脳梗塞(高次脳機能障害)
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
支給月の総支給額:約131万円
(過去分の支払額:10万円、定期支払額:10万円)

相談時の相談者様の状況

15年前から数回にわたって脳梗塞を繰り返しており、歩行時の平衡感覚や記憶障害・注意 障害に困られ、障害年金受給の可能性についてご相談いただきました。

相談から請求までのサポート

度重なる脳梗塞によって、ご本人様が一番気になられていたのは、記憶障害・注意障害からくる日常生活の不便さと今後の不安でした。ヒアリングの結果、高次脳機能障害ではと判断し、受診中の脳神経外科から紹介状を書いていただき、大学病院の神経精神科への受診を勧めました。検査後、大学病院の医師にも直接お会いし、高次脳機能障害として診断書を依頼しました。

結果

ご本人様は、物忘れや言葉が思うように出てこないなど、なぜ起こっているのか解らず、不安な日々を過ごしておられました。検査を行い、脳梗塞によって脳が損傷された事から起こる高次脳機能障害と判り、現在治療を続けておられます。
障害厚生年金3級決定後、2級を求める審査請求を行いましたが、2級相当とは認められませんでした。しかし、今後悪化の可能性もあり、時期を見て額改定を行う予定です。

ポイント

脳梗塞からくる高次脳機能障害については、専門医でなければ診断出来ない場合もあります。しっかりとヒアリングを行い、どこが不自由なのかを把握した上で専門医に診断書を作成していただくこともありますので、ご相談下さい。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中 096-277-1297
障害年金無料診断キャンペーン 障害年金は多くの方が受信できる可能性のある年金です
無料相談会ご予約受付中!