うつ病で障害共済年金3級が決定し、年間約90万円を受給できたケース

相談者:男性(50代)/無職
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害共済年金3級
支給月の総支給額:約15万円(定期支払額:180万円)

相談時の相談者様の状況

10年前よりうつ病を患っており、入院や休職を繰り返し、ご相談の際は、自宅療養中で した。ご本人様は社会復帰を強く望んでいましたが、どうしても就労することができず、 大変苦しんでこられたようです。ですので、障害年金を受給する事にも抵抗があり、こ れまで申請をされていませんでしたが、今後の生活にも不安を感じ始め、ご相談いただ きました。

相談から請求までのサポート

ご相談の際、ヒアリングを行い、申請が可能と判断し、障害認定日と現症の診断書を病 院へ依頼していただいきました。その後、診断書や申立書の内容の確認で、数回事務 所へ来られましたが、障害年金の申請手続きを進めるにあたり、次第に年金を受給する ことにも前向きになられました。これまで外出もできないような状況だったとの事です が、ご自分で医師と診断書の内容について、話しをされたり、病歴・就労状況等申立書 もご自分で丁寧に書かれ、申請手続きを進めました。

結果

診断書の内容は、ご本人の申し立てと相違している部分がありましたが、病歴・就労状況 等申立書をしっかりと作成した事で、障害共済年金3級を受給する事ができました。何よ り障害年金の申請をご自分でも頑張られたことで、数か月後には就労が出来るまで体調も 良くなり、回復されたことが大変嬉しいです。

ポイント

うつ病の審査では、生活能力がどれだけ減じているか診断書から把握し審査をします。 日常生活能力について、しっかりと医師に伝え理解していただき診断書を依頼すること が重要です。また病歴・就労状況等申立書からもこれまでの就労の状況、通院歴、休職 期間、生活能力もチェックされますので慎重に作成しなければなりません。

 

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中 096-277-1297
障害年金無料診断キャンペーン 障害年金は多くの方が受信できる可能性のある年金です
無料相談会ご予約受付中!