脳梗塞で障害厚生年金1級が決定し、年間約180万円を受給できたケース

相談者:男性(50代)/無職
傷病名:脳梗塞
決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級
支給月の総支給額:約598万円(過去分の支払額:60万円、定期支払額:538万円)

相談時の相談者様の状況

ご兄弟の方からご相談をいただいた際は、傷病手当金を受給中でした。
県外で勤務中、脳梗塞を起こされ、左半身の麻痺により、歩行困難となられていました。
ご家族は障害年金の事をすでにご存じでしたが、アドバイスも含め申請手続きすべてを依 頼したいと来所されました。

相談から請求までのサポート

診断書を書いてもらったところ、傷病の原因又は誘因に「心房細動」の所見があり、 先天性が疑われましたが、その事実はなく、初診の病院でも原因は不明との診断であっ たため、発症・初診の前に心臓には異常が無かったことを証明する書類として、就労先 より以前受診された健康診断の結果を取り寄せていただきました。
診断書の訂正は、弊所の方で医師に依頼し、請求手続きを進めました。

結果

ご家族にとっては、介護費用等金銭的ご負担も多く、1級の障害年金を受給できたことに、 大変感謝いただきました。ご依頼者様のお役に少しでも立てたことを嬉しく思います。

ポイント

今回のように、診断書の内容によって先天性を疑われたり、資料の不足により返戻にな ることもあります。関節可動域、筋力、日常生活動作等に記入もれがあると評価を下げ ることになります。脳梗塞で障害年金を確実に受給するためには、診断書のチェックを しっかりすることが重要です。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中 096-277-1297
障害年金無料診断キャンペーン 障害年金は多くの方が受信できる可能性のある年金です
無料相談会ご予約受付中!